消費税増税における交通費清算について

消費税の増税に伴い、交通費清算にも色々な影響が出ているようです。一番の違いというのは、消費税が8%になったことで、1円以下の料金の処理をどうするのかが、鉄道会社によって分かれていることではないでしょうか。つまり、ICカードを使って清算した場合と切符によって清算した場合の金額が違ってくるという事象が起こっているのです。たったの1円の誤差なので個人的な使用の場合にはあまり影響を受けないと思います。しかし、社員の交通費をまとめる経理部門では面倒な処理が増えているのかもしれません。なぜなら、移動した場所が同じでもICカードを使って移動したのか、または切符を購入して移動したのかによって金額が変わってくるからです。交通費清算は1つ1つを見るとそれほど大きなことではないのかもしれませんが、ちょっとした社会の変化にも色々な影響を受けるデリケートなものと言えるのかもしれません。


交通費清算プログラムに注目

交通機関を利用するにあたり、面倒だった交通費清算は、ICカードの登場によって便利になりました。しかし、進化はこれだけでは終わっていないと言えます。つまり、これからどんどん便利になっていく可能性があるということです。その代表例は、交通費清算プログラムではないかと思います。色々なものがあると思いますが、先日見つけたのが、ICカードの使用履歴をそのままパソコンに読み込むことができ、色々な書式でプリントアウトすることができるようになっています。特に仕事絡みの交通費清算では、毎日行うのではなく、定期的にまとめて行うことが多いため、ちょっと前のことは忘れてしまうなんていうこともありがちなのですが、上記のようなプログラムの登場によって、何も心配することなく、ただ交通費の履歴を読みこませれば処理が終わるわけです。何でも新しいものが良いというわけでもありませんが、世の中便利になっているのは確かなようです。


スマートフォンアプリを利用して、交通費清算

出張や外出後に会社に交通費を請求する際に、どの様に電車に乗ったか、どこ経由を使ったかなどメモを取っておくか面倒ですし、電車に乗る際には、今やICカードを使い電車に乗る為切符と違い、タッチをすればすぐに電車に乗れてしまう為、便利な反面、いくら電車で掛かったか意識する事が減ってしまって、交通費清算する際には、ウェブにて交通費を調べる手間が掛かってしまいますが、アプリを使う事によって、よく使う駅をあらかじめ入力しておく事もできるだけでなく、位置情報サービスを使うと現在位置から最寄り駅を探し出してくれ、自動的にセットしてくれ、スマートフォンを使っている為、電車の中でも立ちながら利用出来るので、移動中に作業もでき清算の手間を時間短縮をする事が出来るだけでなく、入力したデータをCSVファイルとしてメールを使い送る事も出来るそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です