交通費清算の予測を行う

一日に何件もの会社を回る営業などのサラリーマンの方々は、移動方法として自動車、電車、バス、はたまた飛行機などを用いて、多額の交通費がかかってしまう場合が多いと思われます。車だとガソリン代から高速道路などの利用、電車やバスは、距離が延びるほど値段も上がっていきます。そのような中、先に交通費がどれくらいかかるかを予測しておくと大変便利になります。何も考えずに適当なお金を持って移動していると途中で、無駄なお金が発生して手元のお金が足りずに困ったりする場合だって考えられます。そうならないためにも、先にどの道を通り、どれくらいの交通費清算が発生するかなどを事前に予測しておくと移動がスムーズになってくるのではないでしょうか。これから先、営業回りで遠くまで行かなければならない方は予測などをしておくのもよいかもしれません。


交通費清算でチケットショップ利用時

新幹線や飛行機を安く乗ろうとするとき、チケットショップを利用することがあります。こちらでは回数券がバラで売られています。まとめて買っても使い切れないのです。まとめて買ったときは鉄道会社などから領収書をもらうことができます。チケットショップを利用するメリットとしては、通常よりも安く購入できることです。では交通費清算をするときにはどうするかです。新幹線においては、多くは領収書付きで申請しなければいけません。正規の料金で申請をして、チケットを利用して差額を浮かせようとしてもわかってしまうのです。このときにはチケットショップの領収書を添付するようにします。自分自身は特別に得なことはありませんが、会社としては少しは得になることがあるようです。社員もそれが分かるようになると鉄道会社で購入するようになります。


交通費清算は役職者によって違う日当

アルバイトにおいては、1日辺りで支給されることがあります。これは1日あたりの仕事量として支給されるものです。給料になります。一方で、会社において日当が支給される場合があります。通常支給されることはなく、主に出張に行った時などに支給されることになります。なぜこのようなものが支給されることになるかです。社内で仕事をしていれば食事などは会社の近くであったり、持参したものを食べることができます。また夕食などは自宅で取ることができます。しかし出張するとそれを外でとらないといけなくなります。生活に関する負担が増えるのです。そのことからこの分を日当として支給するのです。交通費清算においては、出張のときに記載をします。多くの会社では役職者によって金額を変えています。平社員はいくら、課長はいくらと固定制になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です