うちの職場の交通費清算

私は以前の職場で、外に出ることが多かったので、外出する時には交通費清算をしなくてはならない為に、必ず領収書をもらっておりました。それを提出して、清算をしておりました。しかし、今の職場ではその辺のルールが無いようなのです。そこまで外出する機会は多くないのですが、年に数回は外出します。その時、領収書などは必要なく、手書きの紙を提出すれば良いのです。それで清算がされ、お金がもらえます。もしも、多めに書いてしまったら、なんの証拠もなくても清算が出来てしまうので、恐らくお金をもらえるのでしょう。会社として、それで良いのかなと思ってしまったりするのですが、私は変なトラブルに巻き込まれたくないので、ちゃんと正式な交通費清算をしております。事務所の方が管理をしているので、一度だけ、この事について聞いてみようかなと思います。


交通費清算の書類について

私の会社の交通費精算の際は、既存のテンプレートが用意されていました。そのテンプレートはとても入力が簡単で、社員からは評判が良かったです。項目は、日時、公共交通機関名、出発先、到着先、往・復の選択、金額がありました。そして、入力も簡単になるように工夫されていました。たとえば、往路・復路の選択、使用した公共交通機関などはすべてプルダウンで選択出来るようになっていました。そのため、わざわざ入力する手間が省けるのです。また、使用した金額の合計は、自動計算でした。もともとフリーで公開されていたテンプレートを自社の形態に合うように、手を加えたものだと聞いたことがあります。このような管理部門の努力によって、現場でも評判のよい交通費清算の書類が出来たのだと感心していました。ぜひ皆さんの職場でも、参考にしてください。


交通費清算はアプリが便利

交通費清算ならばアプリを使うのが便利です。月々の定期代だけを生産するのであれば、それほど面倒なことではないのでアプリを使う必要はないと思うかもしれません。しかし、出張が重なった場合や、仕事の交通費などの不規則な代金をまとめる場合には、アプリを使ったほうが効率的に処理を行うことができます。アプリの中にも色々な種類があるので、自分の使いやすいものを見つける必要がありますし、持っている端末に対応しているかどうかの確認もしなければいけませんが、使い始めて慣れることができれば、面倒な作業を簡単にデータで処理できるようになります。以前は切符を買って現金で処理をしていましたが、それを考えると自分専用のデータのように扱うことができるのは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。プライベートと仕事を分けることも簡単にできるアプリも登場しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です