交通費清算の方法について

私は現在病院で勤務しているのですが、私自身月に3回以上は出張や買い出しがあり、その都度交通費清算を行うようにしています。病院の車が普通車1台軽自動車1台あるのですが、台数が少ないために利用率が高くて自分の車で行くようにしています。月に3回以上外出するためにガソリンの消費が高くて、清算しないと損をしてしまうために必ずするようにしています。私の勤務する病院では事務部に専用の紙があるためにもらいそこに記入して金額をその場でもらいます。紙には目的と外出先、外出先までの経路などを記載します。最後に往復の距離数を記載して提出するのですが、10キロで150円の計算で生産するために、それほどお金が還元されるわけではないのですが、もらえないよりいいために気を付けています。支給額は税金の対象外になるためにその辺は少しよい気がしています。


交通費清算はシステムでの処理がお勧めです

会社に勤務している方の中には社内での仕事に加えてお客さんの所で打ち合わせを行ったり或は取引先との打ち合わせを行うなどで社外に出かけることも有ります。そしてこれらの場合には出かける先の場所などによって自動車や電車或は飛行機など交通機関を選んで対応する事となります。これらの交通費の多くは一旦立て替え払いを行うケースや或は旅行会社などが社内にある場合には、ここに切符の手配を依頼するケースも有ります。そして多くの社員がみえる会社においてこれらの交通費清算を紙で申請していますとスピーディーな対応が出来ませんので、多くの会社はこれを電子システム化しています。これは出張の申請や承認そして出張後の旅費精算などをシステムで対応しますので、電子データーでのやり取りとなってスピーディーに対応できます。このシステムを導入されては如何でしょうか。


交通費清算をシステムで処理するメリットについて

皆さんは仕事などで社外に出かけるケースも有ると思います。それは国内の遠方や近場など様々ですし、また最近では海外に生産拠点や取引を拡大しているケースも有り、海外出張なども増えて来ているのです。そして多くの方が出張に出かけられる会社では交通費清算を電子データー化するなどしてスピードアップを図ってきています。このシステムですと紙を印刷して承認してもらう必要が有りませんので、スピードアップと紙の使用量低減にもつながります。これらのシステムは多くの会社が手掛けていますので、インターネットの比較サイトなどで各システムの特長を比較したり、購入価格なども併せて検討を行ってゆく事が可能です。またシステムを提供する会社によっては利用するユーザーのニーズに応じて個別にシステムの改良を行ってくれるケースも有りますのでよく検討しましょう。

私が調べた中でおすすめなのはネクストICカードという交通費精算ツールです。 何か気に入ったかというとまずは手持ちのICカードが使える事。そして勤怠管理システムと連動できることです。色々と調べたところICカードを利用して交通費精算をするところはそれなりにあるのですが、ICカード自体の仕様として、記録できる交通費情報に限りがあるようです。ですので、ICカードの情報をきちんと送らないとせっかく記録した内容が消えてしまうおそれがあります。 出退勤機能と連動すると、毎日の出勤と退勤時の打刻にあわせて運賃とルート情報をサーバーに送るので消えてしまうというおそれがありません。一度消えてしまったら記憶で思い出す必要がありますし、それではそもそもの意味がありません。 そういう意味でも交通費精算と勤怠管理機能の連動ができるツールが便利だと思います。